冠木門(高麗門)

東御門、大門とも呼ばれ、関所の出入り口にあったもので、毎日明け六つ(午前6時)に開門し、暮れ六つ(午後6時)に閉門しました。